まず、大前提に私は医師ではないので健康診断に合わせて医師のいう事きちんと聞きましょう!そして、必ず自分で調べる事が大切です。

私もコレステロールの本で色々と調べてから本記事を紹介していますが、時代と共に非常識だった事が普通に常識になってきますし、常識だった事が間違えになります。常に情報を追いかける事が大切です。

健康診断でコレステロール値が高いとやばい?

健康診断でコレステロールが高いと気になっている人ややばいかな?と思っている方が多いと思います。医師からも食事を注意するようにと言われたと思います

この食事という点が非常に重要です。脂質が多い食べ物ばかりを食べていたり、肥満であったりするとコレステロールが高く傾向にあるようです。

コレステロールが高いと何が悪いのか知っていますか?コレステロールの値が高いと言われても特に自覚症状がなかったりするので放置してしまう人がいるようです。

コレステロールが高いと動脈硬化が進みそれが原因で心筋梗塞や脳梗塞が起こってしまう可能性があるんです。だから、コレステロールが高いと注意されたらラッキーだと思ってしっかりと食事を改善する事、太っているなら肥満を解消するために運動をしましょう!

動脈硬化になると血管に柔らかさがなくなってしまうので、血管が破れてしまいそこから出血してしまうわけです。出血を止めるために血栓が集まります。

コレステロールが血管壁に入ってそこで血管が押し上げられている状態なので狭くなっています。だから、血栓が集まってしまうと血管が塞いでしまうのでこのような事が起きてしまうわけです。

ここからは、コレステロールで知っておきたい事の3つを紹介していきます。ちょっと、びっくりする事もあるのでちょっとは、読んでおいたほうがいいですよ!

悪玉と善玉コレステロールの比率が大切

コレステロールは、悪玉と善玉の2種類があります。悪玉コレステロールと善玉コレステロールがあります。悪玉コレステロールが問題だという事です。

何も悪玉コレステロールが全くないという状態はありえないですし、逆に危険です。ある程度の量は必要なわけです。それそれの正常値を紹介します。

・LDL(悪玉)コレステロール値が140mg/dl以上
・HDL(善玉)コレステロール値が40mg/dl未満)

両方のコレステロールが正常値にあったらいいわけですが、そういう事でもありません。実は、LH比が重要で悪玉と善玉の比率が大切なんです。

LH比=悪玉コレステロール/善玉コレステロールが大切です。LH比は、正常値2.0以下とされており、人によっては1.5以下が推奨されている人もいます。

で、肝心なのが悪玉と善玉のそれぞれが正常値であってもLH比を見ると3.0を超える可能性があります。つまり、いつ血栓ができてもおかしくない状況なんです。

という事は、心筋梗塞や脳卒中が発症するリスクが非常に高いわけです。では、コレステロールを改善するための3つの事を紹介します。

食物繊維がコレステロールを下げるの?

コレステロールを下げるためには、食物繊維は非常に重要な成分です。食物繊維には、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類があります。

その中でも、水溶性食物繊維がコレステロール値を下げるサポートをしてくれます。脂肪を消化・吸収する働きのある胆汁酸と関係しているんです。

水溶性食物繊維は、ネバネバした感じで腸の胆汁酸に吸着してそのまま便として排出する働きがあります。胆汁酸が排出されてしまうという事は、肝臓で不足した分の胆汁酸を作る必要があります。

胆汁酸は、コレステロールを原料になっており、肝臓で作られる消化液です。死亡を溶かすための消化液になっています。この胆汁酸を排出するわけです。

野菜が苦手な人は、中々難しいですよね。そこで、お勧めなのがグリーンスムージーと青汁です。グリーンスムージーも野菜なのでしっかりと栄養を補給する事が出来ます。

青汁も健康食品として人気です。昔は、苦みがひどくてとてもじゃないけど毎日飲む事が難しいかったですが、今ではそんな事はありません。ふつうに美味しく飲む事が出来ます。

コレステロールが気になる方にDHAとEPAがお勧め

コレステロールが気になる人にお勧めの成分は、EPAとDHAです。聞いた事がない人の方がおおいのでないでしょうか?血液サラサラ成分なんでいわれています。

「EPA」は「エイコサペンタエン酸」、「DHA」は「ドコサヘキサエン酸」の英語頭文字でよくDHAとEPAと呼ぶ事が多いです!

これらの成分は、オメガ3脂肪酸に分類されており、青魚に成分がいっぱい含まれています。さばなどが豊富に含まれているわけです。

魚嫌いな人は不足している人が多くいると思うので、中々摂取するのが難しいとういう人が多いです。鯖カンが好きな人はしっかりと取れるのですが苦手な人は難しいわけです。

そこで、お勧めなのがサプリメントです。今では、DHAとEPAが含まれているサプリメントが販売されているのでとても簡単に摂取する事が出来るようになりました。

サプリメントでコレステロールが改善されるわけではありませんが、不足していると思っている方は摂ってみると良いですよ!

参考URL:血液サラサラサプリ紹介サイト(http://xn--vckaa0lpdbj7855jb72b.jp/

運動も必要でメタボは改善した方がいい!

今までは、食事やコレステロールが気になる人にお勧めの成分を紹介しました。最古は、運動がとても重要です。運動不足も身体にはやっぱり良くないです。

運動不足を解消して体の血流を促進する事が出来ますし、何よりも体重も落とす事が大切です。運動して脂肪燃焼をしたりして体重を落とす事でコレステロールが下がったという人もいます。

ただ、体重が落ちてもコレステロールが改善されんかった人もいるのですが、やっぱり肥満やメタボである以上は、それを改善する事が大切です。

毎日走る必要はなく土日だけのジョギングや毎日、エレベーターやエスカレーターを使わずに階段を使ったりと出来る事はたくさんあります。電車でも立つなのです。

このように、隙間時間で運動する事は出来るのでちょっとづつでいいので始めていきましょう!